・タイトル  :Go Beyond the Borders of Medical Communication
・スピーカー :Hiroyuki Aruga (DBPowers Co.Ltd.) 有賀啓之さん

 DevConで日本人が単独で行うセッションの第1号です。

 北海道での地域医療連携のためのソリューションを説明されました。
 地方では医療スタッフや医療車両などのリソースが少なく、どのようにシステム化するかなど問題が山積みだったそうです。

 2009年に始まったこのシステムは、改良を繰り返して、今ではWeb共有、iPadなどのモバイル共有などができるようになっています。
 現場の方たちのムービーも紹介され、どんな問題があったのか、そして今後も改良していきたいという意欲が、現場から強く感じられました。
 複数サーバでの構成にして、ユーザ側のサーバには様々な権限を与えていることも、とても興味深いです。

 「ユーザのアイデアが世界を変える」というキーワードで説明されていて、現場の様々な人の意見がシステムをよりよいものにしていくことを強調されていました。
 言葉や国の違いはあっても、ソリューションをよくするための考え方は変わらないということを実感したセッションでした。

 写真はDevCon会場のあちこちに置かれているモニターに表示されている今日のスケジュールの一部と、セッション後の様子です。



ページトップへ