事業実績【サービス】1

20万人の会員をもつカフェテリアプランシステム
ESSを利用するなど、各所に新機能を利用したシステムにリプレイス!



1 Webブラウザ


会員が専用ID/パスワードでログインし、以下の機能を利用する
* 施設検索機能
   フリーワード、所在地などを使って施設情報を検索する。料金表などの施設詳細情報が表示される
* ポイント申請機能
   施設利用の際利用するポイントの申請を行う
   演劇、相撲コンサートのチケットなどの予約申し込み及びポイント申請を行う
   ポイントの承認が不要な施設については申請完了時に利用券を発行する
* メールマガジン配信登録・解除
   メールアドレスを登録、登録済みの場合は登録解除を実行する
* クチコミ機能
   利用後に利用者にアンケート登録依頼メールを配信、登録された感想を施設詳細情報から閲覧する
* 施設モニタに関する機能
   モニタ募集施設の掲載、メールマガジン購読者対象の応募フォーム、モニタレポートの掲載


2 クライアント/サーバ部分


  * 利用券発行機能
   Webからの申込情報を取込み、施設への予約確認後、申請されたポイントを承認し、利用券を発行する
* 利用者情報管理
   Webからの申し込みに電話やメールにて変更や追加があった場合の各種登録、変更およびWebへの反映を
   おこなう
* メールマガジン配信
   Webからの登録者、申込時に情報送信希望した利用者にたいしてメールマガジンを配信する
* 施設情報管理
   各施設の詳細情報、申込期間別料金表、ポイントや申し込み方法の管理、申込制御、お得情報や
   施設改廃情報を一括管理する。施設毎にボタンをクリックしてFileMakerに登録された情報を
   MySQLデータベースに送信する
* 精算機能
   利用者の所属会社に対して利用ポイントの報告および請求業務を行う


導入前の状況


 稼働から数年間、ファイルメーカー Server5.5およびファイルメーカー Pro 6 Unlimitedを使って運用しており、PowerMac G4 と G4 Cube20台を駆使していた。
 ファイルメーカーのWebコンパニオン機能の制約上、検索系、登録系など数台ずつに負荷分散して稼働し、ダウンした場合は自動再起動、AppleScriptによる各種動作の監視などを実施していたが、動作が不安定になり、復旧作業の手間が発生していることが多かった。
 施設情報については、毎週金曜深夜に4時間かかってデータ更新を実施していたため、金曜深夜は機微な修正を行おうとしても、全データの置換が必要なため、施設情報の更新がなかなかできず、管理ご担当者の手作業による修正の手間が生じていた。
ファイルメーカーPro 6 Unlimitedの公式サポート終了ほかの理由により、WebはCDMLからMySQL+PHP、クライアント/サーバ部分はバージョンアップという移行を実施することになった。


導入後の効果


 移行によって、アクセス速度の改善・サービスダウンがほぼなくなる(コールセンタの対応不要、ユーザへのサービス向上)
ダウン時のメンテナンス、ファイルの修復作業等が不要になったため、保守にかける時間が大幅に減少した。
その分、担当者が新規サービスについて検討する時間を持てるようになった。
 施設情報更新は随時可能となり、管理ご担当者が通常勤務時間中にデータ更新を実施して確認ができるようになった。
 データベースサーバをWeb(MySQL)とバックオフィス(FileMaker Server)に分割したため、FileMaker Serverのメンテナンスを実施する際にもWebサービスを止める必要がなくなった。



基本情報

ユーザ数 30ユーザ Web(会員)20万人
サーバ構成 FileMaker Server +MySQL Server +Web Server
FileMakerのバージョン FileMaker Server 10 FileMaker Pro 10
連携アプリケーション MySQL Server PHP
開発費 約800万円
ページトップへ