システム開発事業 systemdevelopment

システム開発事業

経験豊富なスペシャリストより最適なソリューションをご提供


FileMaker を使った業務管理システム、Webデータベースシステムなど、お客様が安心してビジネスが行えるために必要なソリューションをご提供しています。新規の開発、既にお客様で稼働中のシステムに対する機能改善や拡張開発、運用環境のご提案および構築につきましても、FileMaker のスペシャリストが、お客様に最適なソリューションを提供いたします。

FileMaker によるシステム開発のメリット

日本にファイルメーカー IIによるシステム開発ビジネスが生まれてから約20年、FileMakerはこの年月を重ねるうちに多くの進化を遂げました。

現在のFileMaker の環境で実現されている様に、個人からエンタープライズ未満のソリューションを実現するためのソフトウェアとして充分な機能を備え、日本国内においてもそれらの認知が獲得できるようになりました。

流行によるITへの取組から、真の意味でのInformation technologyの構築に

日本国内においては、かつての流行によるITへの取組から、真の意味でのInformation technologyの構築に動き出しています。その様な動きの中で、高額なコンピュータソフトウェアを長期の開発期間を費やして導入していたのでは、ビジネスの進歩にコンピュータソフトウェアを同調させる事が難しくなります。


クリックで拡大します

企業のInformation technologyへの取組には、スピードと柔軟性が求められている

また、現在日々のビジネスから感じ取れることは、企業のInformation technologyへの取組には、正確さはいうまでもなく、スピードと柔軟性が求められているということです。

かつてのITへの取組においてもこれらは重要視されていましたが、実際には「正確さ」を実現するためにスピードと柔軟性を犠牲にしていたといって良いでしょう。

そうした状況においてFileMakerは、導入先のニーズに合わせて導入も段階的にしていくといった拡張性を持ち、さらに「正確さ」「スピード」「柔軟性」の全てを実現できる、非常に高い可能性を持った数少ないコンピュータソフトウェアとして、今後も採用する企業が増えるコンピュータソフトウェアであると言えます。

ビジネスニーズをジャストインタイムで満たす

FileMaker によるシステム開発を考えた場合、必要になったシステムを短期間で導入できることは、企業がシステムが必要と考えたときに、必要なシステムが導入できるようになるということで、ビジネスニーズをジャストインタイムで満たすことが可能になります。

そのため企業としては、システムをビジネスに積極的に役立てることができ、システムの開発期間内に発生する機会損失の減少も期待できます。また、企業内におけるワークフローの変化に対しても柔軟に対応可能なことから、変化に際しソフトウェアがビジネスのボトルネックになってしまうようなことも防ぐことが可能と言えます。

FileMaker のメリットをビジネスに

このほかにもFileMaker を導入することによって発生するメリットは複数存在します。このようなFileMaker を自社のシステムへ役立ててみられてはいかがでしょうか。


事業実績一覧

フリーワード検索

ページトップへ